特殊メイクアーティスト

特殊メイクアーティスト

特殊メイクアーティストはこんな人

研究熱心で独創的なセンスを兼備
高い技術と創造性が求められる業界なので、固い決意と情熱がないと続きません。役柄の人格まで理解し、そこから自分にしかないオリジナルの世界を表現するために、繊細かつ大胆な発想と技術が求められます。
・インスピレーションが鋭い人
・コツコツと自分の世界に没頭できる人
・観察眼が鋭い人

特殊メイクアーティストはどんな仕事?

テレビや映画などの架空人物にリアリティを出すための特殊メークアップ

映画や舞台、テレビドラマの出演者を役柄に合ったメークをする、いわば架空人物を作り上げるので、創造力、独創性が問われます。日頃から特殊メークの映画を見たりして、発想力やデザイン力を磨いておく必要があります。また、特殊メークの際には骨格や肉付きまでを考えなければできないので、知識と技術が欠かせません。特殊メークアーティストは、一般的には華やかな仕事だと思われますが、実際は地味で根気のいる仕事です。表面的な華やかさに惑わされずに、特殊メークそのものを楽しみ、幅広い知識と経験を積むことが、結果的に近道になります。

特殊メイクアーティストになるには?

メークの専門学校に通う

メークアップアーティストになるには、メーク専門学校でスチールメークなどの一般的なメークから特殊メークまで一通り勉強するのがいいでしょう。卒業後、メークアップ専門会社、番組や映画の制作会社などに就職するのが一般的です。また、フリーの特殊メークアーティストとして映画やテレビの制作会社から直接仕事を依頼されることもあります。特殊メークアーティストは日本ではまだ少ないだけに、今後が期待できるジャンルです。本場のアメリカに留学する人も増えてきました。

お仕事DATA

平均収入
勤務時間
必要資格
特にありません