石川県
金沢文化服装学院

金沢文化服装学院

金沢文化服装学院は、人一倍ガンバることを決めた人に、ガンバり方を教えてくれる先生がいる、ファッションデザインとファッションビジネスの専門学校です。

■施設・設備
校舎横に「セコリ荘 金沢」が併設されています。北陸のファッション分野においての「ものづくりの窓口」です。「セコリ荘 金沢」はショップ、カフェ、素材のショールームからなる複合施設です。ここのショップオーナーは全国レベルのデザインコンテストでグランプリ受賞と、東京のアパレルメーカーの元デザイナーの経歴を持つプロであり本校講師も務めております。

■就職
本校の卒業生に対するファッション業界からの信頼度はたいへん高く、数多くの先輩たちがプロとして第一線で活躍しています。これは創立以来62年の伝統と実績、そして先輩一人ひとりのファッションへの情熱や、誠実で確かな仕事ぶりが評価された結果です。本校では4月の就職希望進路調査に始まり、就職ガイダンス、就職個人相談会、インターンシップ、校内合同企業説明会など、キャリアプランニングデスクと各クラス担任が連携をとり、きめ細かく全力をあげて就職活動をサポートします。

■取得目標資格
パターンメーキング技術検定/洋裁技術検定/ファッション色彩能力検定/ファッションビジネス能力検定/ファッション販売能力検定/商品装飾展示技能士(ディスプレイ)/POP広告クリエーター技術検定/ラッピングコーディネーター認定/マルチメディア検定/准教員認定(洋裁)/専門士

所在地 〒921-8032 金沢市清川町1-5
交通 ・金沢駅東口バスターミナル(7)・(8)・(9)番いずれかに乗車10分。片町下車。徒歩3分。 ・北陸鉄道石川総線終点野町駅より徒歩7分。

学部・学科コース情報

アパレル造形デザイン科

(昼・3年)

ファッションデザイナーやパタンナー、サンプルメーカー、リフォーマーなど、実際にモノづくりを担当する人材を育成する学科です。アパレル業界は基本的に、企画・デザイン、設計・製造、営業・販売の三つの大きな業務で構成されています。アパレル造形デザイン科は、企画・デザイン・設計・製造の業務に対応できる人材を育成することを目指しています。
※2年修了後、上級の専攻科へ進学できます。

アパレル基礎科

(昼・2年)

1年次で学んだデザインとパターンの知識・技術をベースに、洋服の作り方全般を総合的に学んでいきます。色んな生地に触れ、その布地ならではのパターンの作り方や縫製を研究します。ミシンだけでは補えない商品にも対応するために刺繍や手縫などの手工芸も取り入れて、リフォーマーなど広い知識と経験が無ければできない仕事にも就けるように勉強していきます。

ファッションビジネス科

(昼・2 年)

スタイリストやコーディネーター、ファッションアドバイザーやショップマネージャーなど、ファッションを演出したりトータルコーディネートができる人材を育成する学科です。ファッションビジネス科では、ファッション業界でプロフェッショナルになるための専門知識や専門技術を身につけるとともに、社会人・企業人として不可欠なコミュニケーション能力やマナーについても習得することを目標としています。
※2年修了後、上級の専攻科へ進学できます。

ファッションクリエーティブ専攻科

(昼・1年):20

現代社会は高度な専門分野化が進み、ファッション業界で求められる専門能力の
レベルは益々高まってきています。本校の主要2学科で磨いてきた知識・技術を
ベースに、グラフィック、ネットショップ立ち上げ、カメラスキル、英会話など、
就職にも独立起業にもプラスになる、ワンランク上のカリキュラムが学べます。