長野県
大原簿記情報ビジネス医療専門学校

大原簿記情報ビジネス医療専門学校

TVCMでおなじみ、本気になったら大原!
ビジネス・税理士・経理・情報処理・医療など、多彩なコースを設置。目指す仕事に必要な知識・技術を習得し、即戦力となる力を身につけることができます!

◆就職に強い!
首都圏・東北専門課程 就職率99.7%と毎年高い就職実績を上げています。
担任と就職担当の先生2人による手厚いサポートで安心です。
2018年3月卒業生 就職希望者2,393名中2,386名(2018年3月31日現在)
※首都圏・東北とは、東京校、池袋校、立川校、町田校、横浜校、千葉校、津田沼校、柏校、大宮校、水戸校、宇都宮校、高崎校、甲府校、長野校、松本校、盛岡校です。

◆入学後にコース変更が可能!
目指す仕事が変わっても大丈夫。担任と相談しながら、希望に合ったコースに変更することができます。(1年制コースを除きます)

所在地 〒380-0906 長野市鶴賀呑沢614-3
交通 ●JR「長野」駅東口から 徒歩2分 ●長野電鉄「長野」駅から 徒歩3分

学部・学科コース情報

ビジネス系

◆オフィスビジネスコース(2年制)
パソコンを自在に使いこなし多彩な業界に就職。
『情報を制するものがビジネスシーンをリードしていく』といわれる時代、多くの企業で情報活用能力を持つ優秀な人材が求められています。事務職はもちろん、販売管理や営業といった職種でも、不可欠なパソコンの技能・知識を身につけます。

◆経理ビジネスコース(2年制)
企業の成長を支える経理のプロフェッショナルを目指す。
簿記の最高峰「日商簿記1級」の資格取得と、経理実務や財務会計ソフトの学習を通して、経理に必要な知識や技術を身につけ、企業の成長を支える経理のプロフェッショナルを目指します。

会計士・税理士系

◆税理士コース(2年制)
効率的なカリキュラムで確実に税理士合格を目指す。
経理の基礎から学習し、日商簿記1級・税理士資格の取得を目標とします。税務会計のプロとして活躍する税理士を目指します。

情報処理系

◆システム開発コース(2年制)
就職に抜群に強い国家資格、ベンダー資格の取得を目指す。
応用情報技術者、ネットワークスペシャリストなどの国家試験や、ベンダー試験のORACLE MASTERなど、幅広い資格取得は就職の武器になります。

◆情報ビジネスコース(2年制)
多彩なビジネスシーンで即戦力となる技術を身につける。
基本情報技術者の資格とパソコン操作能力、そしてビジネスに欠かせない簿記の知識を身につけ、コンピュータ化が進む企業のビジネスエキスパートを目指します。

◆情報・経理コース(2年制)
経理と情報処理を学んで幅広い就職を実現!
就職に有利な経理の知識と情報処理の資格取得を目指します。また、各種アプリケーションソフトの実習とプログラム言語実習を行い、実践力を身につけます。

医療系

◆医療事務コース(1・2年制)
医療活動を支える経営・事務のスペシャリストを目指す。
病院の医事課では、レセプト業務を中心に医師や看護師をサポートし、病院経営を支える事務スタッフが必要とされます。このコースでは、2回の病院実習などを通じて患者応対マナーや医療知識、マネジメント能力など、医療事務スタッフに要求される知識・技術全般を身につけていきます。

◆医療情報管理コース(2年制)
情報処理技術を備えたスタッフとして医療現場の情報化をリードする。
基本的な患者情報から、処方、検査、処置などの医療情報管理、また診療報酬請求やカルテ管理などの医療事務まで、今や病院経営にコンピュータは不可欠です。このコースでは、医療の資格に加えて高度な情報処理知識を身につけることにより、大学病院などのハイレベルな就職を目指します。

◆医療IT&電子カルテコース(2年制)
病院のシステムを支える、電子カルテのエキスパートを目指す。
現在、病院では電子カルテの普及が急速に進められています。電子カルテの導入により、処方せん発行や会計処理のスピードアップ、情報共有による医療ミス発生の減少など、いろいろなメリットがある半面、システムを使いこなせる人材が不足している現状です。このコースでは電子カルテを扱うための医学の勉強から始め、豊富な実習を通して電子カルテのエキスパートを目指します。

◆医療秘書コース(2年制)
医療知識とマネジメント能力を身につけ医療スタッフをバックアップ。
医療秘書は医師や看護師の仕事をサポートする役割で、仕事内容は秘書業務からカルテ整理、各部門間の調整、受付など多岐にわたります。また人と接するうえでの一般的なマナーや常識も必要とされます。このコースでは3回の病院実習や医療ボランティア実習などを通じて、それらに必要な知識の学習をサポートします。

◆病棟・小児クラークコース(2年制)
事務・患者サービスの両面から病棟の仕事をサポートしていく。
病棟に関わる事務全体を担当する仕事で、医師や看護師が行う入院患者への処置を入力したり、さまざまな手続きのため患者さんと直接応対したりと幅広い能力が必要とされます。そのためこのコースでは、医療事務職として働くための知識に加え、介護実習や介護職員初任者研修取得など医療と福祉の知識・技術の両方を学びます。

◆薬局事務コース(1・2年制)
薬に関する専門知識を身につけ、医療機関や調剤薬局で活躍するスペシャリストを目指す。
保険調剤を行う現場では、薬に関する専門知識をはじめ、調剤報酬明細書を作成できる実務にすぐれた人材が求められています。このコースでは、短期間で薬や医療に関する基礎知識、医事コンピュータなど初歩から学び、医療業界に関する知識も広く学習して、多方面で活躍できる知識を確実に身につけます。