青森県
S.K.K.情報ビジネス専門学校

S.K.K.情報ビジネス専門学校

平成2年の開校以来、「ひとづくり」を基本理念に揚げ、「誠実・研鑽・継続」の校訓のもと地域社会に貢献できる人材の育成に取り組んでいます。
資格が取れて、就職できる専門学校として地域ナンバーワンを目指し、技術や資格取得と同時に、幅広い視野と教養を身につけた豊かな人材を育成します。

所在地 〒036-8032 弘前市徳田町1-3
交通 JR線「弘前」駅 徒歩13分 弘南電鉄大鰐線「中央弘前」駅 徒歩5分

学部・学科コース情報

ITエキスパート学科

【3年制】 ①ITスペシャリストコース ②クリエイティブデザインコース:20名

①ITスペシャリストコース
システムエンジニア・プログラマに限定されない、ICTのあらゆる分野の対応できる多様性・柔軟性を身につけたプロフェッショナルを目指す。
様々なところで使われているICT技術。激しい変化のあるこの分野の最新技術動向への対応力、また時代の変化に合った、提案力が求められています。
システム開発をする上で必要となる技術力を裏打ちする資格の取得はもちろん、お客様の要望を満たすヒアリング能力や社会人としてのマナーなど人間力を磨き、即戦力となる人材を育成します。


②クリエイティブデザインコース
道を歩いているとなぜか目に入り、記憶に残ってしまうポスターやお店で思わず手に取ってしまったお菓子や飲み物はありませんか?
これらは色彩効果や心理効果などが用いられ、無意識に目に入る様にデザインされています。人々の心に残り、喜んでもらえるもの作りを実践形式で学びます。

IT・デザイン学科

【2年制】 ①ITエンジニアコース ②ITビジネスコース ③グラフィックデザインコース:30名

①ITエンジニアコース
飛行機の予約システムなど世の中を便利にしているソフトウェア、工場で働くロボットや家電製品など私たちの生活に欠かせないロボット制御の技術。
プログラミングを基礎から学習し、システム設計・開発の管理をするSEや設計に基づいてプログラムを作成するプログラマを育成します。
また、就職に有利な国家試験「基本情報技術者試験」の合格を目指します。

②ITビジネスコース
現代の情報社会において求められるICT能力を図る国家資格「ITパスポート試験」の合格を目指すと同時に、多くのビジネス分野の資格を取得します。パソコンの知識や簡単なプログラミング、Webサイト制作、ビジネスソフトの活用技術を学ぶほか、簿記会計の知識などを幅広く学習します。

③グラフィックデザインコース
デザインとは情報を伝える手段でグラフィックデザインは主に紙に印刷し表現します。
グラフィックソフトの使い方や文字、画像、色をどのようにレイアウトすれば相手に伝わるのか学び、自分の表現したいものを形にします。
ただ作るのではなく、相手がどのようなデザインを求めているかを考えながら制作し、様々なニーズに対応できるデザイン力を身につけます。

総合ビジネス学科

【2年制】 ①医療事務コース ②登録販売者コース ③ホテルブライダルコース ④オフィスビジネスコース:40名

①医療事務コース
患者さんの受付や電話対応、診察代や薬代の計算など医療事務に携わるスタッフになれるように指導します。
医療事務は患者さんとの心のつながりを大切にする仕事です。
専門知識やコミュニケーション能力の習得は、もちろん、病院の顔として活躍できる人材を目指します。

②登録販売者コース
健康維持・増進、病気予防の時代において、身体と心、両面の健康を支える人材が求められています。
「登録販売者」資格を習得して医薬品販売、医薬品・健康・美容アドバイザー職を目指します。

③ホテルブライダルコース
ホテル・ブライダル業界にとって「接客」は「商品」です。
宿泊、飲料、ブライダルにおける知識を習得し、実戦的授業や豊富な現場実習によりホスピタリティ「おもてなしの心」を身に付け、人間力を向上させます。
ホテルスタッフやレストランサービススタッフ、ウェディングプランナー、ドレスコーディネーターなど、幅広い職種に対応できる人材を育成します。

④オフィスビジネスコース
高度なパソコン操作スキルをはじめ、会計の基礎となる簿記、マーケティングやデータ分析の技術を修得します。
さらにマナーや社会常識を身につけ、あらゆるビジネスシーンで対応できる力を磨きます。
企業の要望に応えたカリキュラムにより、就職に強く、業界を問わず幅広く活躍できます。

公務員速修学科/公務員学科

公務員速修学科【1年制】 公務員学科【2年制】:公務員速修学科 10名/公務員学科 20名

学ぶ期間が違っても、目指すは公務員試験の合格です。
これまで積み上げた独自のノウハウで合格までの道のりを力強くサポートします。
また、社会人として必要なビジネス実務をしっかり身につけ、社会や人々に必要とされる「人財」となるために心も養います。