静岡県
辻村和服専門学校

辻村和服専門学校

一生できる仕事、プロの和裁士になろう!

和裁は1枚の布を裁断し縫い上げる、決して機械化されない技術であり、一生の仕事です。

師範科では、1年・2年で基礎知識・技術を学び、4年終了時には、裁断から仕上げまでをひとりで完璧に出来るようになり、この時点でプロとして活躍できるだけの高度な技術が身につきます。

和裁本科では、2年間で一般的に着用率の高い袷着物・単衣着物・長襦袢・ゆかたをマンツーマンで実技指導。さらに着付けと着物・和裁に関する幅広い知識を習得するための講義を行います。
卒業後はプロの和裁士として高く評価され、生涯和裁の仕事を続けていけます。


近年、出場した全国和裁大会(国家和裁技術コンクール・技能五輪全国大会)では、11大会連続で入賞しています。(2018年技能五輪全国大会銅賞受賞)
制度面では、学費のうち授業料が半額免除になる特待生制度や、全額免除になる辻村奨学生制度Aなど、経済的サポート制度が充実していて、学びやすい環境を整えています。
生活面では、全国から学生が集まる当校の特徴として、住みやすい綺麗な学生マンションを完備。個室で有料のものと部屋代無料の相部屋のものがあります。

所在地 〒422-8041 静岡市駿河区中田1丁目18-13
交通 「静岡」駅から南口を出て南西へ徒歩 15分

学部・学科コース情報

師範科

(4年 20名):20名

プロの技術を身につけるため課題として与えられる着物は4年間で350~400枚、1年間で100枚位の着物を作ります。
初めはゆかた作りから、二年次には袷せの着物、さらに振袖、三年次にはつけ下げ、訪問着、振袖、留袖と進み、国家技能検定を受検し、四年次はプロの和裁士技術の総仕上げをします。
和裁以外にも、着付け、茶道、講義などの授業も充実していて、幅広い知識を習得できます。
こうして、ありとあらゆる着物を手がけることが、卒業後に即戦力となる為に必要なことと考えます。

高等師範科

(5年 15名):15名

4年間は師範科同様、その後各自目標を設定し、国家技能検定1級取得や、さらに実践的にいろいろな呉服店に合わせた仕立てやリフォームができる技術習得を
目標とする。

和裁本科

国家資格2級取得短期2年コース (2年 8名):8名

2年で国家技能検定2級取得を目指す短期の和裁専門コースです。2年間で一般的に着用率の高い袷着物・単衣着物・長襦袢・ゆかたをマンツーマンで実技指導。国家資格取得率の高い“辻村”がプロ和裁士へどこよりも早く導きます。さらに着付けと着物・和裁に関する幅広い知識を習得するための講義を行います。和裁に関して、1年生では針の持ち方から運針・ゆかた・長襦袢等を学びます。2年生では単衣着物・袷着物を学び、裁断の実技も行います。着付けに関しては、1年生で自分で着ることを学びます。講義は、和裁・和装の知識向上を目的として行います。

研究科

和裁士再育成コース(1年 4名):4名

4年以上の和裁経験がある人が対象です。

業務提携している呉服企業が多く、技術力の高い当校だからこそ、開設できる学科です。呉服企業に合わせた仕立てができるよう、和裁士を再育成します。
それぞれにあった目標を設定し、それを目指して、より実践的な学習をしていきます。