宮城県
専門学校 日本デザイナー芸術学院 仙台

専門学校 日本デザイナー芸術学院 仙台

所在地 〒984-0051 仙台市若林区新寺3-2-1
交通 JR「仙台」駅東口改札より徒歩10分 地下鉄東西線「宮城野通」駅南1出口より徒歩6分

学部・学科コース情報

マンガ科

(2年)

●現役マンガ家が直接指導
ストーリー作りから制作/完成まで一貫して現役のプロが指導しています。講師が醸し出す臨場感を目の前で体感する事で、より現場に近い環境での指導が受けられます。さらに、卒業生と連携する事でアシスタントとして実際の制作に携われるのも魅力です。

●デビューを目指すためのハイレベルな授業
授業は、基礎を押さえながら、より実践に近い応用も並行して行っております。課題量も多く、あえて厳しい環境を作りだすことで、連載を意識しながら即戦力を養います。その結果として2年生になる頃には、2人に1人が編集部の担当付きになります。また卒業生マンガ家も毎年新刊を出し続けています。

●持ち込み実践/出張編集部
自分の目指すマンガのジャンルや方向性を分析し、編集部へのアポイントから訪問までを自主的に行う持ち込み実践と、年間を通して出版社に来校していただく出張編集部で、在学中のプロデビューを目指します。さらに、講師陣の連携により学内での担当制、締め切りを設けており、常にプロデビューを意識した環境になっています。

小説科

(2年)

●現職編集部×ニチデ。連携教育を実現。
「ライトノベルの書き方」など数多くの出版を手がける榎本事務所と連携したカリキュラムで、より実践に近い環境で学ぶことができます。
※実際の編集者と話ができる環境です。

●文筆の「基礎の基礎」から学べる。
文章執筆における基礎知識やルール、小説作法などを徹底的に指導。幅広い活躍の場に対応出来る人材育成の基盤となる「文筆基礎力」を身に付けるカリキュラムで「柔軟なクリエイター」を育成します。

●書いた小説が本になるまでの工程を理解できる。
作家事務所との連携により、出版までのプロセスを深く理解し、スケジュール感の把握・工程の把握・関係部署の把握が出来ます。これにより、関わってくださる関係者を意識したクリエイターを目指すことが出来ます。

コミックイラスト科

(2年)

●アナログ・デジタル両方のスキルが身に付く
1年次にはアナログ中心の授業になります。これにより、デッサン力と基礎画力を磨き、応用の効く本当の画力を身につけます。2年次には身につけた画力を活かし、各種デジタルツールの特徴を活かしながら自身の作品の幅を広げます。

●販売会に積極的に参加。作品を見てもらう
定期的な販売会を学内外で開催しています。イベントのコンセプト作りからターゲットを意識した作品制作を行うことで、開催時には客観的な意見も得られ、自分の作品の質を上げると共に自信を付ける事ができます。

●「個性」を尊重し絵柄を育てる指導
人それぞれが持っている「絵柄」を最大限に尊重した指導を行っています。その上でより多くの鑑賞者に受け入れてもらう為のアドバイスで「相手」を意識した作品制作能力を高めます。

イラストレーション科

(2年)

●豊富な画材知識を習得できる
水彩/アクリル絵具/オイルパステル/パステル/色鉛筆/コピックなどのそれぞれの特性の違いや素材の違いを徹底的に理解することで、媒体やコンセプトに合わせた作品を作ることが出来るようになります。

●個展も夢じゃない。数多くの展示会を開催
年間を通して作品展を開催します。作品制作では講師陣からの指導や審査も踏まえてサポートし、より見られる事を意識した作品に仕上げていきます。展示会では外部からの評価を得られることはもちろん、人脈作りの大きなきっかけとなります。

●デザインもできるイラストレーターを目指す
イラストのみで活躍することは昨今とても厳しい環境になっているため、継続した活動が必要となります。また情報の流れをいち早く掴むためにデザイン業界に身を置くことがとても重要になってきます。そのためニチデでは就職を意識したデザインスキルを身につけます。

ゲームCG科

2年

●3DCG授業
立ち絵での動いているのが当たり前になってきているゲーム表現の進化に伴い、就職を意識しながら、専用ソフト「MAYA」を用いてプロから3DCGを学びます。

●ゲーム制作会社に在籍するイラストレーターが直接指導。
3DCG制作前に他者へイメージを伝えるためのアートボードを制作できるよう、ゲーム制作会社に在籍する卒業生イラストレーターから、直接イラスト描画に必要な技術を指導していただきます。

●ゲーム制作会社のインターンシップへ参加
即戦力が求められるゲーム業界で必要なノウハウを学校内で学び、実践で磨きをかけていきます。現場で必要なスキルを知ることで、業界から必要とされる人材を育成します。

デジタルアニメ科

(2年)

●基礎の重点を置いた丁寧な指導
アニメーション/キャラクター制作には確かな描画力が求められます。2年間を通じてデッサン力や模写力、パース等、基礎となる技術の習得に的を絞って学び、その上で、彩色や撮影編集といったデジタル技術を身に付けていくという、段階を踏んだカリキュラムの為、無理なく学ぶ事ができます。

●個人でアニメーションの全行程を制作する
キャラクタープラン/原画/動画/背景美術/着色/撮影/効果/仕上げのアニメーション制作の全行程を一人で担当することで、流れを理解し、就職後は即戦力となります。

●アニメーション制作会社との連携
県内のアニメーション制作会社と連携し、毎年インターンシップや会社見学会を行っていただく他、学内での会社説明会なども年数回開催しています。アニメーション制作の現場の話はもちろん、作品をその場で見ていただく機会もあるため、在学中から現場の空気を肌で感じることが出来ます。

Webデザイン科

(2年)

●何が学べるの?
デザイン視点を持ったアプリ開発やWeb構築が可能なエンジニアを育成。様々な分野で、マルチな活躍ができる人材を育成します。

●なぜエンジニアにデザイン視点が必要なの?
デザイン性を求めるほど複雑なプログラムになり、プログラムの簡素化を求めればデザインを妥協することになります。それなら初めからデザイン視点を持つプログラマーが企画/設計/開発すればいいのです。

●どうやって学ぶの?
2年という限られた期間で技術を身につけるために、「体験」し、「知」って「理解」することで、別な「応用」をしてみる。という逆の学習方法を選択しました。

グラフィックデザイン科

(2年)

●実践に繋がる教育で即戦力を育成
プロ講師から学び、すぐに実践に移すことで技術を身に付け即戦力となる人材を育成します。実践内容としては企業の課題を探し、デザインを通して解決する方法の提案を行うことをメインとしており、提案が実際に使用された例も多くあります。

●業界とのつながり・最新情報を得られる環境
業界で現役として勤める卒業生とのつながりを活かし、OB/OG講演はもちろん、インターンシップの受け入れも行っています。また、講師も現役のプロであり、最新の情報も得られ、少人数制クラスの為個々の能力を伸ばすことができます。

●数多くの受賞歴が実力を証明
数多くのコンペティションへの出品を支援しています。2016年度は「おいしい東北パッケージデザイン展」にて全国からの出品の中で優秀賞を受賞。他にも毎年数多くの受賞成績を残しています。

写真映像科

(2年)

●東北唯一写真の専門科
東北で写真を学べる唯一の専門学校です。撮影専用のスタジオを完備し、人物撮影はもちろん商品撮影にも対応できます。また、同スタジオは暗室としてフィルムの現像も可能なため、デジタルはもちろん、フィルム作品の制作もできます。

●企業と連携した実習を体験できる
モデル事務所や一般企業と連携し、撮影を実施しています。実践的な体験を通して、業界で必要なノウハウや現場での動きを習得します。人物や商品など被写体は様々で学内外問わずに取り組み、スキルアップを目指します。

●年間数多くの写真展を開催
年間を通して学外の方に評価していただく場を多く設けております。展示会のコンセプト作りから全員で考えチームワークを意識しながら、3ヶ月ほどの時間をかけて撮影/作品制作を行います。

雑貨デザイン科

(2年)

●様々な素材を使用した商品作り
シルバー/皮/シリコン/樹脂/羊毛/木工/真鍮/プラ板などの素材の知識や、造形/金属のすり出し/ステッチなどの素材に合った技法を学ぶことにより、様々な表現方法でオリジナルの作品を制作することが出来ます。また常に新しい素材を取り入れた制作をすることで、流行に合わせた商品作りが学べます。

●多くの販売会を開催。Webでの販売も実践
東京や仙台市内で行われるフリーマーケットや各種イベントにて自ら制作した作品を販売し、インターネットを通した販売についても学びます。それにより、顧客ニーズの把握はもちろん接客対応/商品撮影/必要経費についても学んでいきます。

●世界的なクリエイターが指導
クラフト作家/ショップオーナー/カラーコーディネーターなどさまざまな立場の講師陣が作品制作をバックアップします。世界が選ぶクリエイター300人に選ばれ、2010年には神戸トアロードディスプレイ大賞で優勝、2014年にエルミタージュ世界美術認定作家に選ばれた増田周一先生の授業も受けることが出来ます。